朝っぱらから地震でしたー。震度5弱。
揺れてから携帯の地震速報が来た時は、震源地に近いんですよね~。
ベッドのマットレスだけ使っているのですが、小刻みな揺れ、縦揺れではなかったと思うのですが、座っていたうさこのケツがピョンピョンと浮きました。

ガタつくテレビとパソコンのモニター。倒れるのは困るなぁと、立ち上がり、「なんだよもーーー!!」と言いつつ水槽の水(ベタさんが1匹残っています)も確認に行きましたが、全くこぼれていませんでした。
うぅん 微妙な震度5弱。
ふじねこさんが心配して速攻メールが来ました。ありがとうです~<(_ _)>


以前住んでいた海側だと、大きい地震が来る時は、地響きがするので来る前から判るのですが、今住んでる土地はそれが聞こえないのでちょっとビックリします。

東日本大震災の時も、凄いでっかい音の地響きがしました。どんどん近付く地響き、そして大地震。
2011年3月11日、最初の地震は3段階に大きくなり(岩手→宮城→福島の順に連動して起きたせいかと思います。)1番揺れた時の震度は6強。全体の揺れの長さは5分ほど。
地震が止まらないのではと思う程長くて、最後の6強は地面に四つん這いになっても左右に30cm高速スライドするような揺れでした。その後も1時間は震度4~5強の揺れが続いていました。
コタツの上に置いていたデスクトップパソコンの本体は倒れ、モニターはコタツから落ちていました。
宮城県の知人はパソコン本体が机から落ちてたそうです。
当時飼っていた金魚の60cm水槽は低めの出窓に置いていましたが、水は3分の1位こぼれてしまいました。床に置いていたメダカの水槽も、お風呂の水も同じようにこぼれてビッシャビシャ。
近所のお家は水槽を水槽台に乗せていたのが全部倒れて、割れた水槽が何個も外に出してありました。

地響きは3日以上続いていました。


そんな時に比べればね、今もちょこちょこ揺れてますがへいちゃらです。


そして今、動物病院の先生から電話が。
ヨナカアバレ様の『甲状腺機能亢進症』の血液検査。何と基準値内。
ーーーーーー?ん?

ただのアバレが進化した?
ちょっとボケ?みたいな?

と、先生からのお電話が・・・
どうしても、ど~うしても、ワタクシが眠れないほど困った時は、精神安定剤を処方します。と。
あとは人間も若々しさを保つと言われる類のサプリメント系をあげるのもいいのではないかと、言う事でした。

これは嬉しい。甲状腺は腫れてたけど、甲状腺機能亢進症ではない。と。
あーーーーーーー良かった~~~~~。(∩´∀`)∩
一生お薬を飲まなければならない病気なので。ホッッとしましたぁ。



スポンサーサイト

だまされ感。

猫グッズじゃないけれど・・・

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。